はじめに

SSIFは何に取り組もうとしているのか?
What should SSIF(Soil Survey Inventory Forum) do?

私たち社会は,大気・水など公共財に対する資源的価値を認め、それらを様々な形で法制度化して保全する枠組みを構築してきました。しかし、現行の我が国の法的制度として、包括的な土壌の保全にまつわる枠組みは存在しません。そのため、環境アセスメントをはじめ、国土のグランドデザインを作成するにあたり、土壌資源を有効に利活用しな がら持続的に保全するという考え方が生まれにくい情況にあります。我が国の多様な地勢条件に適した土壌保全のあり方とは何かという、 自然資源の構成要素のうち、最も社会的認識の欠如が懸念される、「土壌と社会との関係」に新たな枠組みを提示することをめざしています。その具体的成果として、SSIFでは、(仮称)土壌保全基本法の草案作成に取り組んでいます。

Any country, regardless its system of governance, legitimates natural resources conservation such as air, water, and soil as public goods. However, we yet enact a comprehensive soil resource conservation act in Japan. It shadows that we could not design a blueprint of nationwide landuse with a concept of sustainable utilization of soil resources. In this connection, we propose our research topic, which purposes preparing an institutional framework of sustainable soil conservation under diversified geographic conditions in Japan. While we refer precedent countries enacting a soil conservation act, we consider soil-human relationship, which has often been ignored in the society among that of natural resources. The expected research result would be a draft of comprehensive soil conservation act.

 

私たちのチャレンジの枠組み(コンセプト)
A Framework for Our Challenge (Concept)

1. 認識論:土壌を理解すること、土壌を知ること。
Epistemology: to understand soil, to know soil
2. 価値論:土壌を仕分けること、土壌の価値を見出すこと。
Axiology: to classify soil, to value soil
3. 環境倫理:人と土壌の関係のありようについて考えを展開すること。
Environmental Ethics: to develop thoughts on soil-human relationship
上述の概念に基づき、世界の人々に広く受け入れられる枠組みを作り、それを広めること。
Based on the above concepts, develop widely acceptable discipline  and  disseminate it to the world community.